BAHATI の1日

2017 / 08 / 20  20:50

スワヒリクッキング

海での過ごし方は人それぞれ。。。

朝はホームメイドのパンに手作りのジャムにタンザニアの

キリマンジャロコーヒーを飲んでゆっくり開始。。

昨日の飲み疲れの方には卵いりの美味しいおかゆもあります

手作りのお漬け物に。。持参した日本のしゅうゆを入れて。。

日本を思い出す朝ごはん。。

私たちは潮がひく午前中はまず海を散策

その後はここを14年働いていたティンべさんのお家で

スワヒリクッキング。。数回の滞在でティンべさんの事覚えていた

2回も行ってしまいました‼︎初めはNboga ya Muchicya..

ココナッツ入り野菜スープとココナッツライスを習いに

 IMG_0410.JPGIMG_0411.JPGIMG_0412.JPG

フレッシュのココナッツを鉄棒で割りその中の実を

木の先に削る刃が付いたのに座り削るのです

教えてくれるのはティンべさんの奥さん。。

彼女はリズミカルにコリコリと私も挑戦したが簡単ではない

コリコリにもならない。。これを絞りスープに入れるのです

Bizari というターメリックが入ったスパイスを入れて

海の塩を入れて炭でグツグツ煮込む。。他には何も入れず

素材のみの味。。手際良く作る手

作っている間も近所の人がお金小さくして…

お砂糖少し貸して…そして私達を見に来たりと入れ替わる

もう日本ではこのような近所付き合いのない世界‼︎

出来上がるとゴザを引いてくれて魚を揚げたのが何処からか

出て来てスープをかけていただきま〜す!

IMG_0433.JPGIMG_0434.JPG

パジェの街の道は海の砂…平屋造り

家の中心に台所がありその両脇にお部屋がある…

リビングもありゴザをひいて座るお家が多い…。

いつもティンべさんが迎えに来てくれて野菜を買ってから

帰りはBizariスパイスと塩を買って帰りたいので

ティンべさんと一緒にマーケットで探す…。

ナイロビでは手に入らない。

 

2回目はどうしてもタコのココナッツカレーを教わりたくて

Paradise Beach Bangalow で食べて美味しかったので

今回は6泊なので時間はたっぷりある

IMG_0418.JPGIMG_0435.JPGIMG_0436.JPG

2回目になるとお互い親近感もわき土曜日で子供達も休みで。。和やかに

タコはあらかじめ生タコを茹でで置いてくれた

Mcyuzi za Puweza に挑戦‼︎

ココナッツを絞りBizariスパイスを入れて野菜、

そしてトマトピューレ海の塩とテラコッタの鍋でグツグツ煮込む。。

ココナッツライスも炊いて。。ご飯にココナッツを入れて炊く

タンザニアライスは日本米に似て美味しい。。

私もナイロビで食べている。。

ご飯の炊き方も独特で先にお湯を沸かしてその中に

ご飯を入れて最後オーブンスタイルで蒸らす

そうするとふっくらご飯が出来る

デザートにスイカをもきってくれて。。

IMG_0437.JPGIMG_0419.JPGIMG_0420.JPG

子供達も日本語に興味があり紙に書いて教えてあげる

ティンべお父さん、メジャーお母さんと。。

でもお客さんが先にゴザの上で食べさせてくれる。

近所の子も合流して賑やかに

食べ終わると家族の写真を持ってないと言うので?

次回は紙に焼いて持って来ると約束してゴザの上でゴロンと

なるティンべさんと昼寝したくなるのんびりした午後に。。

そこに近所?の女の子が現れ家に来てと連れて行かれ

魚をご馳走に。。美味しかった‼︎

なんとその子はパラダイスで働いている子だった‼︎

帰りはいつもの海の道をのんびりティンべさんと

のんびり平和でのどかでどこか豊かな暮らしがここパジェには

あり、ナイロビでは出会う機会が少ない

もうこのままここに住み着きたいと思わせる時間だった

 

2017 / 08 / 20  18:37

ザンジバルへ。。

8月8日に大統領選挙があり、ここに住む外人は国へ帰るか?

外に行くようにと。。。なんとなく大使館からも促さられ

私たちもレッスンもお休み、ナイロビにいても外に出れなくなる…

それならば"タンザニアのザンジバルに行こう‼︎"と決め

それも砂織さんのいるパジェの海"パラダイスビーチバンガロー"へ

ザンジバルは5年ぶり4回目。。ただ海を見て飲んで美味しいものを

食べて過ごすだけの休日。。

ナイロビでの緊張した生活からも少し解放されたいのと日々の手続きにも

疲れていた。その上選挙でずっと家に居るのならと。。

飛行機で50分、隣の国だけどビザが必要だけど。。

IMG_6675.JPGIMG_6646.JPGIMG_6665.JPG

目の前がパジェの海、日本人女性が25年続けているバンガロー

最初は3つのバンガローで始め今は10棟ぐらい。。

彼女の明るさそして彼女の作るお寿司、お料理に人気があり

欧米からもお客さんが多い。シンプルなバンガローでお花が咲き

動物がいて海があり、他にはもう何もいらない場所。。

IMG_0424.JPGIMG_0407.JPGIMG_6677.JPG

IMG_6651.JPGIMG_6663.JPGIMG_6652.JPGIMG_6666.JPG

IMG_6659.JPGIMG_6660.JPGIMG_6658.JPG

 お花を摘んでテーブルに飾ったり犬のまさ君の首輪に飾ったり

貝を拾ってスープを作って貰ったり。。

とれたての魚でお寿司を握ってくれたり、何とカニ食べたいでしょう⁇と

彼女から提案がありまさにそう思っていたので。。。

色々駆使して最後の日の夜に

大きいマングローブクラブを食べさせてくれました。。

お昼もずっとここで。。。冷やし中華が食べれるのです‼︎

お昼だけ観光客の方もいらして特に韓国のひとが多く食べに来ていました

そしてザンジバルの人達はタコを食べるのです

ココナッツカレーにしたり、タコの唐揚げにしたりと。。

日本では食べれない柔らかく新鮮なタコがあるのです

IMG_0409.JPGIMG_0441.JPG

IMG_6672.JPGIMG_0423.JPG

 

マグロのお寿司は朝獲れたマグロを冷凍せずにフレッシュのままさばき

握ってくれるのです。。贅沢だし日本では食べれないですよね。。

この食べ物も旅行の楽しみの一つです。。

 彼女とは何か話しが合うし美味しい物が好きな事、飲むのが好き…。

そして食べながら飲みながらの時間が大好き‼︎

何より大先輩だけど同じアフリカで同じ土俵で話しが

できる事が私たちには嬉しかった。。

時間があると近くにローカルなスワヒリフード食べに行かない?と誘われ

なかなかお料理が出てこなかったのも知らずに飲んで喋りの時間

隣の村だけどここもノンビリしている。。

IMG_0429.JPGIMG_0430.JPGIMG_0431.JPG

チキンとイカのフリッターそしてチャパティ。。ケニアのとは違うのです

もちろんビールものんで。。

美味しかったなぁ…。

この日の夜はシーフードグラタンをオーダーしたけど。。半分しか食べれず。。

でも次の日に食べました‼︎

そしてスワヒリフードに興味を持ちスワヒリクッキングに通うお話しからです

 

 

2017 / 08 / 04  20:18

Flower Lesson

Today's Flower Lesson...

With Parent and child..

We made bunch of Bouquet..

IMG_0394.JPG

選挙前にフラワーレッスンも終了。

昨日、今日と親子フラワーレッスン

ブーケを作りその後ラッピングをして花束に

IMG_0396.JPG

8/8にケニアは5年に1度の大統領選挙がある

後は選挙が終わってからが合言葉に

なっているケニア…

殆どの日本人、外国人は混乱を避ける為に

国に戻り、ケニア人は自分の田舎で投票する為に

自分の田舎へ家族を連れて戻っている。。

私の友達も皆、投票の為に田舎へ移動している

ナイロビで投票する人のみナイロビにいる

 

選挙だが部族同士の戦いみたいになっているような気がする。

ケニアには43部族があるがその一つづつの部族が野党を

もう一つは与党と人口の多い部族がサポートしている

大統領が選ばれ、その人がケニアに対して今迄、何をしてきて

未来に何をするのか?は二の次‼︎

直接大統領を選べるケニア、もっと党や部族に

こだわらず自分の国の未来を担っていける

大統領を選ぶべきと思う。。

未だに水も電気も無いエリアがあるケニアなのだから。。

 

投票できないがこの国に暮らす私たちにだって

誰が大統領になるかは重要な事。。

 

今日のブーケは平和に選挙が終了するように

神様にお祈りして飾った。。

We hope Peaceful Election..

2017 / 08 / 01  19:49

オベンビイ。。

We went to Karen for meet Obembi..

Tu me ona siku mingi sana..

 

同じナイロビにいるのに最近は色々な事が

重なり、久しぶりに会いに出かけた。。

選挙も近くなりマタツウも自粛している…

 

毎年連れて行っているモンバサの

スケジュールを確認したくて。。

そしてもう一つ小さい頃、彼と過ごした

叔母さんにSNSで最近繋がった!

彼とチャットさせてあげたくて。。

そして今のObembiを見たいと。。

この写真を送った

 IMG_0390.JPG

彼と叔母さんの家族は4年前まで大変な人生を過ごした!

ケニアの事を全く知らず若くして嫁いだ

私たちもその中に入り知っている。。

突然彼女は自分の子だけを連れて自国へ帰ってしまった‼︎

旦那さん(今、唯一Obembiを育てくれてる叔父さん)とケンカして

逃げるように居なくなった!

 IMG_0391.JPG

連絡も途絶えてObembiも私達もずっと

彼女の事が気になっていた。。

特にObembiは一人置き去りにされたと。。

心に深い傷を負い一人でその家に残された

 

I missed him a lot.. との言葉に彼の表情が

明るくなった‼︎その後もずっとチャットしている

 

遠く離れた彼女と繋がれるのは凄いが

Obembiは未だスマートフォンを持っていない

私の電話で。。

 

今度は大人になったObembiを連れて

彼女のいるカンボジア&日本にも連れて行きたい

再会する事でみんな気持ちに区切りができるから

IMG_0392.JPG

 

2017 / 07 / 27  19:48

木彫りを探しに…

Wood Carving..

We went to Machakos for find wood 

 

マチャコスと言うケニア南部の都市へ

ナイロビからも64kmの所から更に隣の

都市へ向かい山の中の工房へ。。

ここはBAHATI を始めた頃、木彫りを

探しに来たところ…。もう15年前に…

その時に探しに来た友と再訪。。

うる覚えの中、見つけた!変わっていない!

IMG_0370.JPG

 

ここは同じ木彫りでも彫りが違く

キリンの木彫りの顔もスマート。。

お土産として出回るとは違いそれなりの

値段もする。。

IMG_0371.JPG

どんな小さい物も手で彫っている。。

 

ケニアの手仕事は凄い‼︎

このエリアはカンバ族が多く住む

彼等の手は"魔法の手"でケニアの手仕事の

ほとんどを彼等がこなす。。

その割に手仕事に対する彼等の賃金が安すぎる。

日本で同じ事をしたら大変な金額になるのに

IMG_0378.JPG

15年変わらずに作っているのに関心しながら

今の季節の産物のオレンジを買って帰った

ここも高齢の人ばかりで若い人は少ない。。

木彫りの良いのを作れる少なくなってくる…

IMG_0386.JPG

素敵なエボニーのボールとサーバーを連れて帰りました…

今週末のオーガニックマーケットに連れて行きます…

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...