BAHATI の1日

2017 / 08 / 20  21:49

ココナッツリーフ編み

ココナッツリーフで編むカゴにも挑戦…。

先生をティンべさんが探して来ると言う事で。。

10時から待つがいっこうに現れない。

こんなこと慣れている、今までどのくらいの時間を待つだけに

費やしたか?ナイロビの生活

12:30に海から先生を連れて現れた‼︎

IMG_0443.JPGIMG_0442.JPGIMG_0444.JPG

先生はいつもは漁師のサイディさん。。

いきなり編み始め最初は全然教えてくれず見ているだけ。。

それに私達が望んでいない大きなカゴを編んでいる

蓋つきの小さめの可愛いカゴを作りたいのに

どんどんやっている。。

そこに砂織さんが現れて小さいのよ。。と言ってくれて

急遽考えこむ先生、ココナッツリーフの葉のみをカットして

最初の段階の準備からやり直す…

先生はお父さんから教わったそうでもうリーフの

カゴを作れる人は少ないらしい

今日はここで砂織さんとお昼を食べに行くのでまた明日に。

明日の10時ここでと。彼女もバンガローのゴミ箱用にカゴを

オーダーして明日にと。。

IMG_0415.JPGIMG_0414.JPGIMG_0445.JPG

IMG_0447.JPGIMG_0446.JPGIMG_0417.JPG

作りたかったのは↑この蓋つき

大きいのは一枚の大きなヤシの葉で作る

小さいのは上のように一枚の葉を繋げてから作る

この日も現れたのはお昼過ぎ、また海から

今日は子供が具合悪く病院に行っていたと話す先生は

電話も持たず昨日の口約束だけでやって来る

砂織さんオーダーのゴミ箱用のカゴを抱えて海から

でも先生の手は魔法の手。。頭の中に図面

前の日の中途半端で終わったカゴも仕上げてもらい。。

IMG_0448.JPGIMG_0449.JPGIMG_0416.JPG

バックタイプも出来上がり‼︎

サディ先生もバックにしてナイロビに行けるね〜なんて言う

二人で記念撮影

2日がかりで色々なタイプのココナッツリーフカゴが出来上がりました

明日は釣りに行こうよーと誘ってくる

2日がかりだったので友達になったよう

そしてここのバンガローにも自然のヤシの葉のゴミ箱が

出来上がりました!!

 IMG_0450.JPGIMG_0440.JPG

おわってからは海を見ながらBEERでおしゃべり…。

タンザニアには色々な銘柄があります

昼間軽く飲むならキリマンジャロ、夜はサファリかなぁ??

この日は夕方遅くまで砂織さんと飲みました

色々な話しをして。。そしてここは日本人とも出会える場所。。

日本で同じ花市場に通うお花の仕事のママの家族、JICAの方。。

日本から来た旅行者。。近くの国で協力隊として働いていたひとが

再訪の前に立つ寄ったり、ナイロビから私達のように選挙の間、

ナイロビを離れた人など。。

それも楽しみの一つ。。出会いの場。。

IMG_0451.JPG

そうしているうちにパジェの海も夕焼け色に。。